FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月の旬の野菜セミナー

今月の「旬の野菜の機能性を知ろう」セミナーのテーマは「セロリ」と「りんご」

セロリは一年中売られているイメージがあると思いますが、
日本では夏場は長野、冬から春にかけては静岡が
おもな産地です。11月は静岡産の露地物がでてくる時期になります。

今回は葉柄が黄緑色の品種、緑色の品種、ホワイトセロリ、セロリアックなどの
食べ比べを行いました。特にセロリアックは生と加熱だと食感が
全く違うので、食べ比べると面白い野菜です。
セロリ食べ比べ

野菜の中でセロリが苦手という方の多くはその香りが
主な原因かと思いますが、実はセロリの香り成分には
沢山の機能性が含まれています。また、セロリにはグルタミン酸も
含まれているため、加熱すると生とは違った美味しさがあります。
今回は機能性を生かし、セロリの苦手な方にもおいしく
食べていただけるような料理をご紹介しました。

<セロリとごぼうのきんぴら>
セロリとゴボウのきんぴら

<セロリの酸辣湯>
じっくり加熱することによりセロリからコクがでてきます。
お酢は中華黒酢を使うのがポイント!
セロリの酸辣湯


りんごも夏の終わりから色々な品種が出回り、そろそろシーズンも終盤ですね。
今回はこのように赤・黄・青とカラフルなリンゴを集めました。
食べ比べてみると、それぞれ甘味・酸味・歯ごたえ等が違うことがよくわかります。
一押しは「幻のりんご」ともいわれている青林(せいりん)
甘味とシャキシャキの食感がよいバランスのりんごです。
リンゴ食べ比べ

りんごの機能性といえばポリフェノールですが、これは皮だけでなく
果肉にも含まれています。品種による違いや栽培方法による
機能性の違いなどをご案内しました。

またりんごの料理では、加熱に向くりんご「グラニースミス」を使って
豚肉との煮込み料理をご提供。
豚とキャベツとりんごのスープ煮
りんごに含まれる酸がお肉を柔らかくし、キャベツも一緒にいれることで
胃腸に優しいスープになります。
これからの寒い季節にぜひ作っていただきたい一品です。


さて、来月のテーマは冬至に合わせて「南瓜」です。
この時期にあえて南瓜を選んだのはある意味が・・・ 
お楽しみに♪




スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。