FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとしたこだわり

今日は冷たい雨が降っています
こんな日は身体がポカポカする食べ物が欲しくなりますね

今日はサラダやジュースよりスープが良く出ます
おかげさまで、ランチの時間にスープは完売してしまいました

ベジマルシェのスープ、実は「だし」にこだわっています

111111_1306~01



スープなのですが「かつお」と「昆布」でだしをとります。


だしは一種類でとるよりも、うまみの異なる成分の組み合わせでとった方が、うまみが濃く美味しい味になります。

和食は昆布(グルタミン酸)とかつおぶし(イノシン酸)
洋食ではセロリや玉ねぎ、人参(グルタミン酸)と鶏肉(イノシン酸)
中華では白菜やネギ(グルタミン酸)と鶏肉、ホタテ(イノシン酸)

料理によりだしの取り方は異なってもペースのうま味は同じ

人が美味しいと思う味は万国共通のようです


さてベジマルシェのスープ
なぜ昆布とかつおぶしなのか

日本人には日本人の慣れ親しんだうま味があると思うのです。
コンソメやチキンベースのスープにしてしまうと、パンには合いますが、ご飯にはちょっと…と思います。

ところが昆布やかつおぶしでとっただしは、パンにもご飯にも合います。


そしてスープの隠し味に「醤油」も使っています


シンプルな野菜の味を楽しむには、やはり自然の恵みを活かす調味料の出会いが必要


毎日、キッチンは昆布を浸す作業から一日が始まります。



ちょっとしたベジマルシェのこだわりです











スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。